40代 自然妊娠するには

MENU

40代 自然妊娠するには

40代 自然妊娠するには

 

 

 

ウォーターサーバーのランニングコスト|節約するならこの業者さん!
お金を掛けたくない。

 

ウォーターサーバーのランニングコストに、注目したランキングです。
できるだけ費用の掛からないメーカーを探しました。
節約派のあなたになら、共感して頂けるのではないかと思います。

 

最安値だし、ノルマないし…

 

  • 600円/毎月のサーバー・レンタル代
  • 1.000円程度/毎月の電気代
  • 0円/配送料
  • 0円/メンテナンス費

 

アルピナウォーターは、
ノルマがないので定期購入する必要がありません。

 

ランニングコストを削減するなら、
このウォーターサーバーで決まりでしょう。

 

 

ボトル購入も、
業界最安値の995円/12g。

 

 

※月々の電気代は、
どのウォーターサーバーも大差ないかと思います。

 

 

業界最安値!

 

 

サーバーレンタルが無料で、ノルマも軽い。

 

  • 2.500円/24gのノルマ有
  • 0円/毎月のサーバー・レンタル代
  • 1.000円前後/電気代
  • 0円/配送料
  • 437.5円/メンテナンス費

 

クリクラのウォーターサーバーは、
3ヶ月で6本(72L)利用しないと、サーバーレンタル代(1.050円)が発生します。

 

1年に1回のメンテナンスに、5.250円の費用が掛かります。

 

 

 

 

ウォーターサーバーのランニングコストって、
意外と侮れません。
契約した後では遅いので、キッチリ下調べをしておきたい所です。

 

まず比較したいのが、
お水のボトル代金。大抵は、12リットル入りのボトルになると思います。

 

天然水よりもRO水の方が、比較的に安い傾向にあります。
ランニングコストを考慮した場合、RO水に軍配があがります。

 

ただ、天然水をRO膜フィルターで濾過したという、
アルピナウォーターの料金は別格(業界最安値)なので、例外!

 

 

ウォーターサーバーを契約すると、
必ずサーバーをレンタルする必要があります。
※一部に、買い取りできる業者さんもあります。(例、約4万円)

 

レンタル料金は、600円〜1.000円程度/月が一般的です。
これは毎月の固定費用となります。
安ければ安いほど、コスト削減に。

 

また、レンタル代金が無料の業者さんもあります。
ただ注意しなければいけない点はノルマがある、ということ。

 

無料で貸してくれる代わりに、
毎月のボトル注文数の下限が設定されます。

 

ノルマを達成しなければ、追加料金が発生したりします。
※各メーカーによって、その契約内容は様々です。

 

一般的なパターンとしては、
毎月24リットルほどの利用を義務付けている場合が多いです。

 

もしもあなたが、これよりも水の使用量が少なければ、
ノルマ無し&サーバーレンタル有料の、契約をした方が賢明かも知れません。

 

飲用だけでなく料理用に活用したり、家族がいる場合には、
ノルマの有無を、それ程気にしなくても良いかと思います。

 

 

ランニングコストとして、電気代が気になるかも知れません。

 

温水&冷水がいつでも使用できるウォーターサーバー、
つまり常時、温めたり&冷やしたりして電気を消費している訳ですね。

 

メーカーさんの公式発表では、
1ヶ月につき、1.000円前後の電気代が必要とされています。

 

実際にわたしもワットメーターで計測しましたが、
概ね、そのくらいの料金になっています。

 

※世間一般の認識では、
電気ポットが不要になる、湯沸しの光熱費用が減少、冷蔵庫の開け閉めが激減…
などの理由から、むしろ電気代は削減できる、というものになっています。

 

また、ウォーターサーバーによっては温水機能が無い物もあります。
その場合はもちろん、電気代が激安となります。

 

季節(夏&冬)によっては、多少の増減があると思いますが、
あまり気にすることもない範囲かも知れません。

 

 

最後は、メンテナンス費用。
契約前に確認しておきたいチェック・ポイントです。
妊活 サプリ オーガニック おすすめ